ペット 健康

犬にコラーゲン 関節や筋肉をケアしているおかげです

2021年2月23日

  1. HOME >
  2. ペット >

犬にコラーゲン 関節や筋肉をケアしているおかげです

2021年2月23日

犬 コラーゲン

以前記事に書いた通り、私は頚椎と腰椎のヘルニアから自然治癒の期待を込めて、コラーゲンペプチドを4年間ずっと毎日飲んでいます。

そのおかげかどうかわかりませんが、今のところヘルニアの再発はしていません。

食事からコラーゲンを摂るよりも、コラーゲンペプチドを直接摂取する方が効率がいいということは、NHKのガッテン!でも特集されていましたよね。

 

それならば愛犬のトイプードルにコラーゲンペプチドを与えたらどうなるのか?って思ったんです。

愛犬にはいつまでも元気でいて欲しいので、犬にコラーゲンを与えて良いのかを調べた結果、全く問題ないどころか健康維持にとても良いことを知り、パピーの頃から私と同じものを与えています。

昨年あわや!という場面でも関節を傷めることなく怪我をせずに済みました

私としては、絶対にコラーゲンのおかげ!と信じています 笑

私と愛犬が続けているコラーゲン

 

NHKガッテン!で注目のコラーゲンペプチド ヘルニア再発防止に4年間続けています

肌の弾力を保ったり、関節・筋肉のために重要な役割を担っっているコラーゲン。コラーゲンを摂取しよう!と思っている女性も多い ...

 
 


 
 

犬は肉食!当然ですがタンパク質が必要です

犬の先祖は肉食のオオカミ。ワンちゃんもお肉が大好き。もちろん野菜も食べますが、お肉をたくさん食べる動物なんですね。

本来犬が食べていた動物の腱・皮・軟骨などに多く含まれるタンパク質がコラーゲン。人よりも動物性タンパク質(コラーゲン)を多く摂る必要があります。

体重10kgあたり、犬なら1日4g、猫なら1日5〜6gが良い変化が期待できるんだそうです。このコラーゲンを効率よく体に取り入れることが大切ですよね。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンそのものよりも分子が小さいので吸収が格段によいです。

さらに、コラーゲンペプチドは細胞に命令しカラダを修復するちからがありますからね。

足腰の筋肉や関節が元気!皮ふ、毛並みも健やかになると言います。

 
 

犬も年を取れると足腰が衰える

ワンちゃんも人間と同じくシニアになると衰えが出てきます。

シニア犬の場合、その内の約80%が後ろ足から弱ってくるのだそうです。

  • 歩くペースが遅くなる
  • 散歩は遠くへ行きたがらない
  • 歩き方がぎこちない
  • 散歩や運動するのが億劫
  • 階段や段差の昇り降りを避ける
  • 座り方が以前と変わった

筋肉や関節の衰えるとこんな様子を見せるようになります。

 
 

人と同じコラーゲンペプチドを与えていいのか

人間用に作られたコラーゲンペプチドを犬にあげていいのでしょうか?

はい、ヒト用コラーゲンは犬も食べられます

寝たきりの老いたワンちゃんがヒト用コラーゲンを食べて立てるようになったという話も聞いたことがあります。

 

ヒト用のコラーゲンペプチドが犬にも良いことがわかっているので、ペット用のコラーゲンサプリが販売されるようになりました。

私が4年間愛用しているコラーゲンメーカーからもペット用のサプリメントが販売されています。

コラーゲン以外にいくつか成分がプラスされているのはいいけど、お値段がちょっと割高。

我が家では飼い主と同じコラーゲンで十分だと思うし、わざわざ愛犬用に別のサプリを購入するのも面倒なので、私と一緒のコラーゲンを使っていますよ。

 
 

犬にコラーゲンを与える副作用

コラーゲンを犬に与えても副作用はないといわれていますが、愛犬の体質に合わない場合があります。

気になる方は与える前に獣医師に相談したほうが安心です。もしくは量を少なくして始めるのが良いと思います。

効果いう効果がテキメンに現れることはないかもしれませんが、1ヶ月くらいで変化があるかもしれません。

 
 

犬にコラーゲンはおすすめです!

毎日気長に続けることで、長い目で見て健康を維持できると実感しています。

 
 

  • この記事を書いた人
Ryoko.Y

Ryoko.Y

更年期ど真ん中のアラフィフ主婦。7年前に頚椎と腰椎ヘルニアを患いました。日頃感じたことや気になることを気ままにブログに綴っています。

-ペット, 健康
-

© 2021 Vida Loca